緊急を要する荷物はバイク便にお任せ

緊急を要する荷物はバイク便にお任せ

荷物を指定の場所に届けて欲しい。

そんな時に私がよく利用するのは宅急便なのですが、中には『バイク便』というバイクを使って荷物を届けるサービスもあります。

最近はインターネットで買い物をする人が増えているので、個人で利用するなら宅急便で商品を届けるということの方が多いと思いますが、企業が緊急を要する書類などを客先などに届ける時には宅急便よりも早く荷物や書類などを届けることが出来るバイク便の方が利便性は良いでしょう。

大阪府は東京に次ぐ大都市ということもあり、多くの企業が存在し、バイクを使って書類などを届けるビジネス企業も多いと思います。

大阪にあるバイク便の会社では、配達エリアは大阪、関西地区が中心なのですが、全国各地にも集荷や配達をしてくれるようです。

配達の緊急性によりいくつかコースがあるのですが、緊急性を要する荷物の配達の場合には、配達する距離に応じて基本料金が決まっています。

配送距離が1キロメートルの場合には1200円。

最大50キロメートルまでで11000円となっています。

バイク便で基本料金以外に掛かる費用

大阪市内の範囲内で緊急を要する荷物をバイク便を使って届けて貰う場合、配送距離に応じて基本料金がかかります。

基本料金以外に必要に応じて『荷待料金』、『キャンセル料』、『立ち寄り料金』、『高速料金』、『割増料金』、『翌日配送料』というのが別途かかります。

『荷待料金』とはバイク便が集荷に来て15分以内に荷物を預けることが出来れば無料なのですが、バイク便のライダーを荷物が出来るまで15分を超えて待たせるようなら15分毎に500円が別途かかります。

『キャンセル料』はキャンセルした際に掛かる費用で別途1000円掛かります。

『立ち寄り料金』とは、集荷や配送の場所が1か所ではなく、複数ある場合に掛かる費用ですが、同じビル内の別の部屋であれば4か所までは無料です。

それ以外は別途1か所につき1000円の費用が掛かります。

大阪でバイク便を探すならこのサイト

『高速料金』とは、ライダーが集荷や配送に高速道路を利用した場合、高速道路の代金が別途掛かります。

『割増料金』とは、大阪でも雪が降る場合があります。

その為雪が降っている場合や、時間帯、曜日により基本料金の30%が別途割増されます。